たなかクリニックTEL:046-200-3322
 
ホーム
ホーム診療案内院長ご挨拶
 
病院特徴
 
平成22年に相模大塚駅前に開業しました。院長の田中千彦です。私は昭和60年に北里大学を卒業し、脳神経外科専門医として、北里大学、国立相模原病院、開業前には大和市立病院で脳神経外科担当部長を務めました。現在大和市立病院、海老名総合病院、桜ヶ丘中央病院などと脳卒中地域連携パスを通じ連携しております。脳卒中も、認知症も、その予防において成人病の克服が大切なキーワードです。当院では豊富な経験に基づき、高血圧症、脂質異常症、糖尿病の管理を行います。患者さんの年齢や生活スケジュールに応じたテイラーメイドな治療が好評をいただいています。認知症に関しては、神奈川県が認知症患者さんを総合的に把握するために作った連絡帳「よりそいノート」を積極的に活用しています。配布開始から4年が経過し、現在当院では約550冊を配布し活用しています。
このノートにより、患者さんとご家族、医療機関と介護施設や薬局が常に連携することができます。お使いになっているご家族から、ノートが有ると安心できると賛同されています。行政とは、介護保険認定審査会第8合議隊長を務め、月に1回の審査会で、約40名の介護申請の判定を行っています。地域包括支援センター運営協議会では会長を務め、より良い地域包括支援センターの在りかたを市の職員と追求しています。認知症初期集中支援チームの活動は3年目に入り、神奈川県でも先進的な活動を行っています。院長はチーム医としてチームの全症例の検討や診断治療に関わっています。大和市主催の認知症カフェ「やまとカフェ」でもミニレクチャーを行い、参加家族の相談をお受けしています。今後も大和市が日本全国でも高水準の治療と介護サービスが受けられるよう尽力していく所存です。是非当院を活用して、健康管理、認知症予防・治療を行って頂きたいと思います。
 
プロフィール
 
院長:田中 千彦(たなか ちひこ)

昭和60年 北里大学病院 勤務 (脳外科・麻酔科・外科)  
昭和63年 国立病院機構相模原病院 脳神経外科 勤務  
平成元年  北里大学病院 勤務 (病棟医・脳外科)  
平成 3年 国立病院機構相模原病院 脳神経外科 勤務  
平成 4年 日本脳神経外科学会 専門医となる  
平成 6年 長津田厚生総合病院 脳神経外科 医長  
平成19年 大和市立病院 脳神経外科 上級医長  
平成20年 大和市立病院 脳神経外科 担当部長  
平成22年 たなかクリニック 開設
 
 
日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
身体障害者認定医(四肢の不自由、音声言語機能障害)
北里大学非常勤講師
大和市医師会理事(認知症担当)
厚生労働省認定 認知症サポート医
大和市認知症初期集中支援チーム医
やまとカフェ 相談医
大和市介護認定審査会委員
大和市地域包括支援センター運営協議会会長
大和市医師会訪問看護ステーション運営委員
産業医
 
 
日本脳神経外科学会
脳卒中の外科学会
日本脳神経外科コングレス
 
専門分野
 
認知症
脳卒中の予防、診断、治療、再発予防
めまい 頭痛
しびれ 頭部外傷
成人病治療(高血圧症、脂質異常症、糖尿病)
  など
 
診療案内
 
 
内科
 
脳神経外科
 
 
※マップをクリックすると
  拡大表示されます。
 
 
Yahoo!地図でもご確認いただけます。
 
Google地図でもご確認いただけます。
 
 
〒242-0028
神奈川県大和市桜森
3-7-18
TEL:046-200-3322
 
 
 
 
 
Copyright(C)2010 Tanaka Clinic.All Rights Reserved.